スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2012年08月10日 | - | - | - |

ミルクアレルギーとミルクアレルギー用粉ミルク

ミルクアレルギーは母乳ではその症状が出ない場合もあるのですが、ミルクを与えることにより赤ちゃんにアレルギー反応が現れてしまうケースが増えているそうです。

新生児・乳児消化官アレルギー(ミルクアレルギー)は、赤ちゃんの体がミルクに含まれているカゼインとβ-ラクトグロブリン(ベータラクトブログリン)というタンパク質に過剰反応を示すことで症状が現れます。

そのアレルギー症状は、嘔吐・血便・下痢・哺乳力の低下・体力減少・体重の増加不良・発熱や皮膚の発疹・無呼吸発作・血圧低下などがあり、重い症状として出る場合もあるので、慎重に対応しなければなりません。

ミルクアレルギーの症状が出てしまった時は、直ちにその粉ミルクの使用を止めてお医者さんに相談してください。

医師に相談の上ミルクアレルギー用の粉ミルクに変えて、赤ちゃんに与えてあげるようにするのですが、赤ちゃんのアレルギーの度合いによって市販の「アレルギー用ミルク」もしくは、医師に指示される粉ミルクを使用するようにします。

ミルクアレルギーはその原因と対策をしっかりと理解し、うまくコントロールしていけば赤ちゃんの症状も安定してくるでしょう。

ミルクアレルギー用粉ミルク


JUGEMテーマ:MILK(ミルク)



| 2011年11月24日 | 赤ちゃんの情報 | - | - |

スポンサーサイト

| 2012年08月10日 | - | - | - |
相互リンク募集いたします。 当ブログにリンクを張り「yume_net2007☆yahoo.co.jp」までメールをしてください。確認後リンクさせていただきます。
Copyright (C) ミルクアレルギーとミルクアレルギー用粉ミルク | 赤ちゃんへの贈り物. All Rights Reserved.